FC2ブログ
01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29./03

乙女ちっく 

寺山修司少女詩集 (角川文庫)
『寺山修司少女詩集』/寺山修司

なみだは
にんげんのつくることのできる
一ばん小さな
海です

↑この『一ばんみじかい抒情詩』を初めて読んだ時の、衝撃というか感動というか、
情動とでもいうような感覚を今でも鮮明に覚えています。
詳しくは秘密です(笑)
寺山修司の詩には、私の理想とする乙女ちっくが溢れています。
それは汚れを知らない清純ではなく、汚れを知った上でもなお忘れぬ乙女心。
美しいだけのものは、つまらない。
汚れを知ろうとしない、清純な振りはいけ好かない。
時々ドキッとさせる毒が際立たせる、可愛らしさ。
妖艶であどけない、蠱惑的な言葉達。

ところで、この本のカバーは大好きな着物のお店・撫松庵の浴衣をモデルさんが
着ているところもお気に入りなのですv


拍手、ありがとうございます!!
三條文庫 |   |   | 記事編集