FC2ブログ
03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

わたくしといふ現象は 

宮沢賢治万華鏡

宮沢賢治が大好きです。
好きな人は多いと思いますが(笑)
「好きな作家は?」と聞かれると、「夏目漱石、宮沢賢治…」と、必ず
上げる名前です。

賢治の世界は青い光。
残酷なほど清らかな、青い光が彩る世界。
そして、あの静かで重くて暗い空気感が大好きですv
(暗さは日本の美を語る上で、重要な要素だと思います)

小さい頃に『銀河鉄道の夜』をちょろっと読んだきりで、実はちゃんと
賢治作品を読み出したのは、高校生になってからでした。
それまでの間は、名前と有名な作品名を認識していた程度;;
放課後、人けのない高校の図書室で、
「そういや、宮沢賢治ってちゃんと読んだことないや」と、何気なく文庫本を
手に取ったのがきっかけでした。
ところが、『よだかの星』を読んでいきなり号泣。
周りに人がいなくて、本当に良かったですヨ(笑)
それ以来、すっかりどっぷりファンになってしまったのです。
物語も素晴らしいですが、私がなにより好きなのは詩。
あの独自の鋭い感性が生み出す唯一無二の美しい文章、本当に憧れます!!
文章そのものに確固たる世界があって…!
溜め息が出ますね、ホント。
私も頑張れ…たら、いいのですがね(^^;)
絵を描くように文を書きたいです。
心象スケッチ~!


拍手、ありがとうございます!!
三條文庫 |   |   | 記事編集