FC2ブログ
07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

peony 

部屋で使っているフレグランス(サシェ)が切れそうだった為、
買いに行った…ものの。
同じ店へ行って同じメーカーの別種類の物はあったというのに
私が使っていた物はなかったので(人気なかったのかしらん)、
種類を変更することに。
新しく選んだ香りは“ピオニー”(シャクヤク)。
で、全く別のメーカーの香水もピオニーなのですよ。
同じ人間が選ぶのだから当然香りの好みも同じとはいえ、
どちらもまさかのピオニー。
(ちなみに香水はフランス、上記のフレグランスはイギリス)

日本でも昔から“立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花”
という言葉があるほど、馴染みのあるシャクヤク。
私も何度も手にしたことはありますが、香りを感じたことは
ありません…。
だとすれば“ピオニーの香り”というのは、実際の花の香り
ではなくイメージなのですかね?
すると、ますますピオニー被りに驚くばかりです。


拍手ありがとうございます!