FC2ブログ
09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

読書の秋に因む?話 

朝晩の気温も下がって秋らしくなってきた今日この頃。
そのように秋を感じると思い出す詩が、八木重吉の
『雲』です。

“くものある日
くもは かなしい

くもの ない日
そらは さびしい”

―― というもの。
この詩集(『秋の瞳』)を含め、初期の詩は
宗教色が薄いのでオススメです。

そういえば。
少し前に“代替”を“だいがえ”と間違って読む
女性が8割も!という話題を目にしまして。
(正しくは“だいたい”)
私は“代替案”として覚えていたので、
2割の方ですね。
まあ、ケータイのショップでは「代替機(だいがえき)」
とか言いますし、両替・立替の流れで“だいがえ
になるのは想像も難しくはないですが。
それに、口で「“だいたい”」と言うと“大体”と
勘違いされそうですしね。


ケータイのショップの言い方に関しては、
業界用語なのかと思っていました。
出版業界でもローカル・ルール?で“本文”を
“ほんもん”と言ったり、エクスクラメーション・マーク
(!←いわゆるビックリ・マーク)を“雨垂れ”と
言ったりするので。
(“!!”は“ダブル雨垂れ”になります)


拍手ありがとうございます!