FC2ブログ
01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29./03

八つ子の魂 

これも確か小学2年生だったと思うのですが、国語の教科書に
『アレクサンダとぜんまいねずみ』が載っていまして。
(作者のレオ・レオニは『スイミー』が有名ですね)
学校の授業中だったというのに、それを読んで泣いてしまった
のです。
ぜんまいねずみのウイリーが捨てられそうになるという危機を、
アレクサンダ(こちらは本物のネズミ)が必死に救おうとする
場面で。
最終的には、オモチャのぜんまいねずみでしかなかった
ウイリーが本物に変わり、難を逃れるという…当時
好きだった物を考えると姿を変えることにも
抵抗はなかったようです。
チビっこは変身モノが好きですし。

今と当時は違いますが、今でも『アレクサンダと
ぜんまいねずみ』は大切な作品です。
レオ・レオニのネズミが好きなのも、そのせいかと。
(ちなみにリアルやアメリカの某キャラクターには
興味がないので、あしからず)
今は読んでも泣かないですけどね。


拍手ありがとうございます!