FC2ブログ
08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

〇〇と秋の空 

外へ出れば、どこからかキンモクセイの香りが漂ってきて
THE秋
…の、代表的な味覚という事で巷に溢れている栗。
甘いのやしょっぱいの等、様々。
とはいえ秋らしさではなく、単なる栗好きの私としては
目を引いてしまいますね。
(ケーキは当然のようにモンブランを選び、数年前には
箱根まで行ってスイーツを食べまくったほどの栗好き)
コンビニにも栗が多くなって個人的に嬉しい限り。
さらに、10月はハロウィン関連でカボチャが増えるので
喜び倍増です。
(カボチャも好き)

そのハロウィンですが。
今年は早くないですか?
まだ9月なのに、すでに関連グッズがディスプレイ
されていて。
10月とかは関係なく、夏の次はハロウィンなの
でしょうかね?


拍手ありがとうございます!

住人十色 

今年も残り3ヶ月と13日

―― ええっと。
近所で建物の取り壊しによって初めて、その後ろの
建物を見ました。
私の住んでいる地域は古い木造建築が多いのですが、
その建物もご多分に漏れず古い木造の住宅で。
家の横には蔵がデデンと。
東京に蔵付きの家…って資産家なのですねー。
しかも、パッと見の築年数からして十年・二十年
どころではないので昔から資産家
…などと考えながら、一人暮らしの私は
狭い賃貸のアパートへ戻ったのでした。


拍手ありがとうございます!

読書の秋に因む?話 

朝晩の気温も下がって秋らしくなってきた今日この頃。
そのように秋を感じると思い出す詩が、八木重吉の
『雲』です。

“くものある日
くもは かなしい

くもの ない日
そらは さびしい”

―― というもの。
この詩集(『秋の瞳』)を含め、初期の詩は
宗教色が薄いのでオススメです。

そういえば。
少し前に“代替”を“だいがえ”と間違って読む
女性が8割も!という話題を目にしまして。
(正しくは“だいたい”)
私は“代替案”として覚えていたので、
2割の方ですね。
まあ、ケータイのショップでは「代替機(だいがえき)」
とか言いますし、両替・立替の流れで“だいがえ
になるのは想像も難しくはないですが。
それに、口で「“だいたい”」と言うと“大体”と
勘違いされそうですしね。


ケータイのショップの言い方に関しては、
業界用語なのかと思っていました。
出版業界でもローカル・ルール?で“本文”を
“ほんもん”と言ったり、エクスクラメーション・マーク
(!←いわゆるビックリ・マーク)を“雨垂れ”と
言ったりするので。
(“!!”は“ダブル雨垂れ”になります)


拍手ありがとうございます!

職業 

個人的に“夏の終わり”というと森山直太朗さんより
先にスピッツの歌を思い浮かべてしまう三條です。

つい先日、新しく銀行の口座をつくりまして。
職業欄で“自由業”を選択しました。
(自由業=弁護士や作家等のフリーランスな職業)
モノカキ仕事は長年開店休業状態なものの、
辞めてはいないので嘘ではなく。
今も“作家”ではあります…よ。
一応…。


拍手ありがとうございます!