FC2ブログ
06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

暴言→宣言 

このアゲーーー


買うだろーーー



( ´∀`)ノシ◇

うまいな~。
(揚げだけに)
―― こういう時に“笑いは世界を救う”のだと
思います。

次回は火曜日(8月1日)の更新予定ですよ。


拍手ありがとうございます!

行間思考 

海…最後に行ったのは何年前になるのかなぁ?
(遠い目)

―― 閑話休題。
いつも話し言葉(セリフ等)を文章にする際
どこまで表記するか悩むものの“マジ”も
“ヤバい”も、江戸時代から使われている
言葉ですよね。
(意味も現代とほぼ同じ。ちなみに“ビビる”は
平安時代から)
語源を考えれば、むしろ古風なのですが
一般的には言葉が乱れているとしか
思われない訳で。

例えば
江戸時代より前ではありますが、もし戦国武将が
「殿、敵の軍勢が!(近くまで迫っております)」と
報告する部下に「マジ?!ヤバい、ビビる…!」
と返事したとしたら、どれほど屈強な外見でも
中身は現代的というよりチャラ男としか…。
ある意味、斬新過ぎる時代劇として話題には
なりそうなものの。

かといって
某議員の「ハゲェェ!」が「御髪(おぐし)の僅少な殿方!」
だったとしても問題になったであろうと思いますし。
本当に悩むところです…。


拍手ありがとうございます!

無節操ライフ 

幼い頃、支援している候補者かどうかに関わらず
無節操に返事の嬉しさだけで、選挙カーに向かって
手を振っていたものです。
大抵「可愛いご声援、ありがとうございます!」だけ
なのですが「お父様やお母様に、よろしくお願い
します!」という、ちゃっかりした言葉が続く
場合もありました。
…などということを、選挙カーを見ると思い出す
三條なのでした。
そして
今は無節操に選挙カーへ手を振ったりはしていない
ものの、ボールペンの替え芯を間違えて買ったりは
しています。
長時間格闘してしまったのは私が至らないせいでは
なかったのだ、と安心しましたよ。

そういえば。
明日は“セブン・イレブン”なのですね。
(回し者に非ず)


拍手ありがとうございます!

外つ国 

もうすぐ七夕。
という訳で
織姫と彦星のロマンに思いをはせながら、笹を飾りつけたり
短冊に願い事を書いたり。
そのように私も含めて日本人は子どもの頃から願いを
文字にしていますが(絵馬など)、世界的に見れば
珍しいことだそうです。
日本を訪れた外国人観光客が驚くことの一つだとか。
当たり前過ぎて気にもしていなかったので、意外というか
何というか。
まさに異文化交流!

それ以前に。
すっかり日本に定着している昨今、これも特に
気にしておりませんでしたが、織姫と彦星の
七夕伝説自体も輸入(国際派)ですね。


拍手ありがとうございます!