FC2ブログ
10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

つれづれなるままに 

よしなし事①
“踊り”=“dance”だと分かっていても“盆踊り”が
“盆ダンス”なのには、ちょっと違和感…。
Bon-danceって…。

よしなし事②
広辞苑と六法全書はどちらの方が分厚いのでしょうか?
実際に広辞苑は持っているものの六法全書は
見たことしかないので、比べられないのです。
どちらも凶器(鈍器?)になりそうな厚みですが。

よしなし事③
冬の季語である“焼き芋”。
私も大好物なのですが、最近はスーパーなどの
店頭にある機械によって一年中見ているような
気が…。
あの焼き芋屋さんの音声を聞くと、近所迷惑だと
思うと同時に季節を感じたものです。
―― その音声。
相撲の呼び出しと似ていると思うのです。

よしなし事④
心を亡(な)くすと書いて忘れ物などの“忘”。
同じく心を表している、りっしんべんの場合は
忙しいなどの“忙”。
大人も子どもも日常生活で心をなくしまくりですね。


拍手ありがとうございます!
次回は月曜日ではなく火曜日更新の予定ですよ。

続・dance 

前回、記憶はなくても舌や耳が覚えている
場合があると書きましたが、我が事ながら
どういうメカニズムなのでしょうか?
と、いうのも人工知能に興味がありまして。
(興味があるだけで知識はないです)
脳と人工知能の違いは最終的には出来ている
素材の違いだと思っていたのですが、それだけ
ではないようです。
学習したこと(経験)を記録するという正に
機械的なこと以外にも。
もしや、その脳とは別の謎のメカニズムが“心”と
関係しているのでしょうか?
人間にとって…というより全ての生物にとって、
脳は重要だとはいえ。


拍手ありがとうございます!

dance 

出身は確かにシンガポール(両親は共に日本人で国籍も
日本)なものの乳幼児の時期に帰国した為、名ばかり
帰国子女な三條。
その当時は英語・日本語・マレー語・中国語がペラペラの
マルチリンガルだったらしいのですが、今では日本語
オンリーに。
しかも帰国してからの記憶しかないので、自分としては
“生まれも育ちも日本”としか思えない状態という。
(後からの情報として帰国子女なのを知りました)

そんな中、高校生の時にシンガポールへ行きまして。
正しくは二度目なのですが、自分的には“初”の気分で。
とあるクッキーを食べていたところ、初めて食べたはずなのに
なぜかその味を懐かしく思ったら、母曰く当時私の好物だった
クッキーであることが判明。
頭に記憶はなくても、舌には残っていたようです。

つい先日も、
歌を再放送している番組で聞き覚えはあるのに、いつ聞いたのか
記憶はない歌がありまして。
放送していた当時、私は4歳。
おそらく帰国直後です。
頭に残っていなくても耳は覚えていたようで、記憶は体中に
あるのだなと思いました。
まさに“雀百まで踊り忘れず”ですね。


拍手ありがとうございます!

なくて七癖 

先日、某ファミレスでの食事の際。
皿の中に金時豆が少量あったので、一粒ずつ箸で摘まんで
食べていたのです。
パクパクと。
ふと思ったのですが、豆を箸で摘まむのって箸の練習
みたいだなあと。
同店での食後のコーヒー。
普段から暖を取る為にマグカップを両手で持って飲む
(片手で取っ手を持ち、もう一方の手を添える)癖が
あったせいか、外でも同じことをしてしまいました。
そんな訳で、
食べ方や飲み方などが傍から見ればお上品に
見えたかもしれません。
あくまでも場所はファミレスですが。


拍手ありがとうございます!