FC2ブログ
07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

暦の上では最早秋とはいえ、夏の声 

セミの声を聞くと、イソップ童話の『アリとキリギリス』を
思い出します。
というのも。
最初は『アリとセミ』だったのが、ヨーロッパには
ギリシア以外にセミがいないことから、セミが
キリギリスになったとか。
日本人にはセミでも意味は通じると思いますけどねえ。

以前、通勤の際そこだけ森かと思うくらい木が多い
遊歩道を通っていたことがありまして。
夏場はセミの声が凄かったのですよ。
頭上からシャワーのように降り注ぐ…というより、
バケツをひっくり返したような夕立並みで。
その時、これほど盛大なセミの声も一時期(夏)だけの
ものなのだななあと、空しくなったのです。
まさに無常。

ちなみに、セミ自体に空しさを感じたことはありません。
昆虫としては長寿の部類だと思うので。
成虫になってからは短いものの幼虫の期間は長いため、
トータル的に。

関係ないですが、“夏”と憂鬱の“憂”の漢字は似ていますね。


拍手ありがとうございます!