FC2ブログ
02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./04

ゆめ、うつつ 

毎日原稿を書くようになったら、やたら筋書きのしっかりした夢を見るように
なりました。
基本的には、前後の脈絡のない1シーンの断続なのですが。
時々、起承転結があって、状況説明がされていたりするのです(笑)
それがネタに使えそうな話なら、なおよろしいのですが、そううまくは
いかないものですね。

夢といえば、小さい頃はよく予知夢を見る子でした。
今はほとんど見ませんね~。
大人になってしまったからでしょうか。
見ても一瞬で、日常の些細な場面だったりします。
基本的に意味不明の映像ばかりの夢が、時々現実的な光景になると、それが
大抵予知夢だったので、子どもの頃は現実的な光景を夢に見るのが怖かった
ものです。
そのうちの1つに、こんな夢がありました。

小学6年生の頃です。
ある日、飼っていたインコが鳥かごからいなくなる夢を見ました。
朝、起きて慌ててベランダの鳥かごを見ると、いつも通りインコの姿があって
ホッとしたのですが、念のため、鳥かごの扉を全て針金で留めてから学校に
行ったのです。
その日は胸騒ぎが収まらず、急いで帰宅してベランダを見ました。
鳥かごは朝と同じく、どこにも変わった様子はありませんでした。
荒らされた様子もなく、私が留めた針金もそのままで、扉が開いた形跡も
ありませんでした。
それでも、かごの中にインコはいなかったのです。
インコの姿だけが、かごの中から忽然と消えていました。
未だに不可思議な体験です。
子どもの頃は結構、こういう体験がありました(笑)


拍手、ありがとうございます!!