FC2ブログ
02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./04

こないだ(BlogPet) 

こないだ、星亜が
カテゴリー名を私設図書館風に“三條石”としてみたのですが、
口を左右に引っ張りながら「学級石」と言うと、あれになるというあれを
思い出しました(笑)
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ほへと」が書きました。
ほへと日記 |   |   | 記事編集

石に漱ぐ 

『吾輩ハ猫デアル』(下編)
『吾輩ハ猫デアル』/夏目 漱石

と、いうわけで蔵書の紹介です。
まずは大好きな夏目漱石様~v
今さら私なんぞがどうこう言う必要もない、言わずと知れた文豪デアル。
宅には小説や研究本など合わせて、30冊弱あります。
懐と部屋にもう少し余裕があれば、全集が欲しくてたまらない…!

はじめて出逢った作品は『我輩は猫である』。
小学4年生の頃でした。
もちろん、その当時は深い理解など出来ませんでしたが、そこから文学への
憧れが始まりました。
中学生の頃はかなり熱を上げていましたね~。(今まだ冷めやらぬ)
特に好きな作品は、『夢十夜』や『こころ』などです。
『草枕』も好き。
『思い出す事など』を片手に修善寺の菊屋旅館に行ったり、かつて漱石が
住んでいた土地ということで、今の住所を選んだりしています(笑)
永遠の憧れです。
三條文庫 |   |   | 記事編集

蒐集 

宅は六畳一間に、蔵書千冊以上。
千冊を越えたところから面倒になって数えていないのですが、今のところ
千二百冊弱という感じです。
図書館や友人に借りて読んだり、古書店に売ったりもしているのですが、
増える量の方が多いので、みるみる膨張…。
財産は紙です!
私の部屋だけ、やたら重いに違いない…。
そのくせ、マンションの最上階に住んでいます(^^;)
まあ問題はない…と信じたい。

今までにも少し蔵書について(本の感想)は書いていましたが、どうせなら
新たなカテゴリーでも作ってみようかな、と思い立ち。
基本的に古いものが多いですが。
続きは明日。

ところで、カテゴリー名を私設図書館風に“三條文庫”としてみたのですが、
口を左右に引っ張りながら「学級文庫」と言うと、あれになるというあれを
思い出しました(笑)
三條文庫 |   |   | 記事編集