FC2ブログ
12/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./02

29日坊主 

昨日は日記書けずじまいでした;;
なんとか毎日更新していたので、せめて1月は全コンプ(笑)したかったのにな…。
残念です。
ちょっと原稿でバタバタしておりまして。
それでも区切りはついたので、そろそろまた事務仕事を開始しないと。
元々、派遣社員で昼間は事務、夜は原稿という生活をしていたのですが、
ちょっと長めの冬休みも兼ねて、今月は原稿強化月間だったのです。
二足のわらじ生活に戻らねば~。
早く一足になれるように頑張ります!
皆様、よろしくお願い致します(笑)

そういや以前、「三條さんって、両刀だよね」と言われたことがあります。
どうやら相手は、“二足のわらじ”と言いたかったようです。
や、確かに“両方やってる”という意味は同じですけどね(笑)
ビックリしたのを思い出しました。
まあ、二次元の女の子は大好きですが(笑)、リアルワールドは一刀ですよ。
特に燻し銀(笑)

時々、不携帯 

携帯を機種変したいです。
折り畳む関節部分が壊れて閉じられず、カパカパとカスタネット状態なのです…;;
次はいい加減、movaからFOMAに変えようっと。

私は携帯をあまり使いません。
料金は毎月4千円代で、500円の無料通話を繰り越したりします(笑)
個人的にはあれば便利というくらいで、なくてもそれほど問題ない物ですね。
その程度なので、近頃の携帯の高性能高額振りには困ってしまいます。
電話とメールさえ出来れば良いので、もっと安い機種が欲しいな…(^^;)


拍手、ありがとうございます!!

22年の仲 

浴衣ベルちゃん

私が3歳の誕生日にプレゼントされたぬいぐるみです。
65cmくらいある大きなぬいぐるみなので、結構場所を取るのですが、
実家を出る時もちゃんと連れてきて、ずっと大切にしています。
(過去4回ほどクリーニングに出したり)
プレゼントされた当時の写真を見ると、同じくらいの身長だった私達。
かれこれ22年のお付き合いです。
ちなみに、浴衣を着ているのは私の趣味です(笑)
いつか自分で縫ったものを着せてみたいなあと思ってはいるのですが。
実は針仕事って、あんまり好きじゃないんですよね~(^^;)


拍手、ありがとうございます!!
メッセージのお返事は、以下をご覧ください♪
-- 続きを読む --

ワタクシ(BlogPet) 

きのう、旅された!

『楽/園』を書くのに使用させていただいているものは資料として購入したというより、趣味と
実益を兼ねている資料の一部です。

チェコチェコしています(笑)
とはいえ、ここに映っているものなのですが。

ワタクシ、単なる中欧好きですからね(笑)
西欧に比べて中欧を扱った書籍は数が少ないので、資料を探すのも大変です;;
そろそろ携帯も機種変したいな…。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ほへと」が書きました。
ほへと日記 |   |   | 記事編集

指先の月 

突然ですが、手足の爪の根本の方にある白い半円形の部分。
この白い部分は“爪半月”というそうです。
こんな小さな部分にも名称があったという事実にも驚きですが、なかなか
素敵な表現でチト感動しました(笑)
不健康だと、爪半月がくっきり半月型に見えなくなると聞いたことがあります。
朧月になってしまうわけですな(笑)

ところで、なぜ急にこんなことを言い出したかというと、今宵は半月
(下弦の月)なのでございます。
それだけでございます。

究極の眼鏡話 

『眼鏡』

島崎藤村の『眼鏡』という児童文学作品をご存知でしょうか?
眼鏡萌えのワタクシもビックリなその内容、なんと主人公が眼鏡なのです(笑)
決して、眼鏡をかけているから「眼鏡」というあだ名の主人公ではありません。
眼鏡という物体その物です。
書き出しはズバリ、“眼鏡が斯樣(こん)な話を始めました。”(笑)

眼鏡の持ち主は若い男で、眼鏡は彼のことを「旦那」と呼んでいます。
そして、旦那の“鼻の上へチヨンと乗つかり”、旦那と一緒に旅をするのです。
旅の途中で來助爺さんという刀鍛冶や、旦那の旧友の林さんなどと出会います。
旅を終え、東京に戻ってきたところで物語は締めくくられるのですが、それがまた、
最後まで気を抜かせません。

“來助爺さんが東京へ出て來ました頃には、旦那のお友達の林さんも亡くなりました。 來助爺さんは、最早七十に近い老人でしたが、まだチントンチントンやつて居ました。 (をはり)”

―― て、なんでサラッと林さんの訃報を入れて“をはり”なの!?
そこはフツー、「林さんも達者にしているようです」的な文章じゃないの!?
さすが島崎藤村…!(笑)
ちなみに、94年前の作品です。

『眼鏡』扉ページ
眼鏡でも旦那でもなく、扉ページはなぜか來助爺さん(笑)
この深く人生の陰影の刻まれた表情の下に、子どもが描いたような汽車の
絵を置くというギャップが鮮烈過ぎる。
三條文庫 |   |   | 記事編集

些細な仕草と文化の関係 

一人暮らしをしてから、畳が遠ざかりました。
今まで暮らしたワンルームは、フローリングやカーペット。
出来れば畳の部屋が良いのですが、ワンルームで畳の部屋だとセキュリティ上、
ちょっと不安になる建物が多かったりするので、倦厭してしまい…。
結局、フローリングの部屋で着物生活をしているのですが(笑)、それによって
1つ気付いたことがあります。
それは、なぜ和室は引き戸なのかです。
洋室で着物生活をしていると、よくドアのノブに袂が引っかかるのですよ。
和室が開き戸ではなく引き戸である訳を、身をもって実感しました。
衣食住は3つが揃って培われてきたのだなあと、当然のことを再認識してみたり。

以前、お茶を習っている友人が、洋服でお稽古している時は仰々しい動きだと
感じていたけれど、先生に着物を着せてもらってやってみたら、袂があるので、
どうしてもそういう動きにならざるを得ないという話をしていました。
茶道の歴史を考えれば当然のことなのですが、これもなんだか新発見した気分(笑)
文化は生活のなかに息づいているわけですね。


拍手、ありがとうございます!!

ブログペット 

以前のブログから、ブログペットを連れてきました。
こうさぎの“ほへと”サンです。
名前の由来は、ポストペットの名前が“いろは”なので、“ほへと”。
いろは&ほへとで、いろはにほへと(笑)

世界観の源 

資料本

『楽/園』を書くのに使用させていただいている資料の一部です。
チェコチェコしています(笑)
とはいえ、ここに映っているものは資料として購入したというより、趣味と
実益を兼ねているものなのですが。
ワタクシ、単なる中欧好きですからね(笑)
西欧に比べて中欧を扱った書籍は数が少ないので、資料を探すのも大変です;;
いつか取材旅行に行けたら良いのですがねえ~。

それにしても、画像が粗いですね;;
そろそろ携帯も機種変したいな…。

日本のかほり 

今夜はコンビニで買ったおでんと熱燗で、「あったまる~」などと一人、
ハフハフしながら晩飯。
やっぱり、おでんには日本酒だよねv
おやぢ指数高度成長中の三條です、今晩は。
しかも和服(笑)

寒い外から駆け込んだあたたかいコンビニで、おでんのにおいがすると、
なにやらホッとしたり、郷愁めいたものを感じたりしますよね(笑)
ついつい予定外におでんを買ってきてしまったり。
でも、このコンビニのおでん臭、慣れない海外の方々にはキツイそうです。
確かに、しょう油やだしの香りは日本独特のものですからね~。
グルタミン酸爆発★な第5の味覚・“旨味”は(笑)

大いに寒し 

今日は大寒ですね。
まさに関東地方では、この冬一番の寒さでしたな。
来週の月曜日には、東京の天気予報にも雪マークがついていて、身震い
してしまいます。
寒冷じんましんが出るほど寒さに弱いので、冬の風情もまた良いものの、
好きになりきれないジレンマ(笑)
でも、今日は特に天気が荒れなくて、受験生のみなさんは良かったですね。
例年は、大寒が終われば梅の花咲く季節ですが、今年は暖冬の影響で早くも
開花している所もあるとか。
今年の暖冬、スキー場などの冬場の産業には大打撃ですよね…。


拍手、ありがとうございます!!

不シンメトリー 

美しい顔の理論として、左右対称とか黄金率とかありますが、私の顔は
そんなものとは一切無縁です(笑)
顔どころか腕の長さまで左右不対称で、右腕の方が長く、左腕の方が短いので、
いつも服の左袖ばかりが少し余ります;;
腕に対する袖の長さが違うので、夏場に日焼けすると左右で面積が違ったり。

以前、着物を仕立てた時に、店員さんが左右の裄(←ゆき:背中の中心の
縫い目から袖口までの長さ)を測って首をかしげ、また測り直そうとしたので、
「私、左右の腕の長さが違うんです」と言ったら、
「測り間違えたのかと思いました」と驚いていました。

長さが違うといっても、わずかなもので特に支障もないので、気にしていません。
右の肩も外れていないと思います(笑)
(実は左腕が短いのではなく、右腕が長くなっているだけだったりして)
何はともあれ、バランスが悪いことには変わりませんが。
まあ、それもまた味ということで(笑)

けぶり。 

私はたばこを吸いません。
健康被害も、においもない、2次元の世界での小道具としては結構、
好きなのですが。
煙たい3次元の世界では好きくありません。
たばこを吸っていない人が、「たばこの煙は嫌」と言うのはもちろんですが、
不思議なことに、たばこを吸っている人でも「他人の煙は嫌」と言っているのを
よく聞きます。
吸わない人からすると、「自分も吸ってるクセに」と、腑に落ちないのですが(笑)

――“自分の煙のにおいは良くても、他人の煙のにおいは不快”。
なんだか、動物のマーキングみたいだなあと思いました(笑)
自分のテリトリーに煙マーキングしているところへ、侵入してきた他者の煙に
対して威嚇しているかのようです。
そう考えると、腑に落ちる。
ふふふ。(不審)

『楽/園』コミック版【制作中】 

今日は『楽/園』コミック版の打ち合わせでした。
小説のあとがきにとりあえず書いてしまいましたが(スペースを埋めるため)
実はまだ動き出したばかりの企画なので、ごゆるりとお待ちいただきたく候。

まだここでは詳しいことはお伝え出来ませんが、一つだけ言いたいことが。
このコミック化の話が私に回ってきたのは、私がタイミング良く新人だった
というのが最大要因です。
とはいえ、運が良かったというだけにならないように頑張ります。

アメちゃんと私 

スーパーに行ったらミルキーが撤去されていて、ちょっと悲しくなりました。
まあ、今回の問題が問題なので仕方ないとは思いますが…。
ミルキー好きなのになあ…。
期間限定練乳いちご、買い溜めしておけば良かった…。
代わりにミルクキャラメルを買ってきました。

激甘党の私は(1/6日記参照)、砂糖の他にアメの消費量も多いです。
1ヶ月に3kgとか、ハイチュウ2ダースとか。
絵に描いたような巨大ロリポップや、千歳飴も一度で食べ切れます。
以前、友人と3人でチュッパチャップスを噛まずに何分で舐めきれるかという
実験を試みたことがあったのですが、友人2人は“30分お任せキャンディー”
という、昔CMで聞いたキャッチコピーの通り30分、私だけ15分でした(笑)
口の中に糖分を溶かす特殊な酵素でもあるのかしらん。

ちなみに、アメを消費しているのは主に文章を書いている時です。
いわゆるタバコのようなものなのか、単に脳の燃費が悪いのかは不明ですが。


拍手、ありがとうございます!!

目を皿にする。 

“目を皿にする”という慣用句がありますが、
ふと、「本当に目が皿だったらどうしよう…」と妄想。
「どうもしない」という方は、ここで切り上げてください(笑)

  ~以下、アホな妄想話~

まず、目が皿になったことで視力の問題が解決。
悪くなった皿を取り替えれば良いだけになるので、メガネ・コンタクトが
不要になり、悲しいかなこの世から“メガネっこ”という魅惑ワードが絶滅。
そして、転んで皿を割らないように、みんな皿ガードをつけると思います。
もしくは、皿が割れても大丈夫なように、スペア皿を持ち歩くかもしれません。
その皿1つとっても、若者は流行の皿をチェックして持ち歩き、金持ちは
何十万~何百万の高級セレブ皿を見せびらかしながら歩くことでしょう。
そしてそれは今以上に、格差社会を如実に体現し、さらには……以下略。

―― え~っと、たとえ目が皿になったとしても、人の世は変わらないであろう
という妄想結果でした(?)
悲観的ですな(笑)

言っておきますが、別にヒマなわけじゃないですよ!(笑)
むしろ、迫り来る〆切からの現実逃避…?;;

中吉? 

年賀状のお年玉、今年の結果は切手シート1枚でした。
それも届いた物ではなく、予備用に取っておいた真っ白いハガキ(^^;)
毎年、年初めの運試しのつもりで楽しみにしているのですが、なんだか気分的に
スッキリ喜べない感じです。
まあ、全くかすりもしないよりは良いのでしょうかねえ。

ハワイ旅行はともかく、ふるさと小包くらい当たってくれないものかしらん。
小学生の頃に一度だけ、実家で当たったことがあったのですよ。
かと思えば、とある夫婦に1等が2枚というようなこともありましたね。
いちいち調べることはないでしょうが、会社宛の膨大な量の年賀状の中には、
3等とかが埋もれたままになっているのではないかと思います。
きっと勿体ない!(笑)

ああ受難 

またしても、すっかり忘却の彼方でした。
別にモデルチェンジしたとか、廃止になったとかいうわけでもない。
嗚呼、それなのに。
今日もまた、思わず脳裏に浮かんだ言葉。

二千円札って、まだあったんだ

―― どうなのでしょう?
この社会生活不適合者っぷり(^^;)
コンビニの銀行ATMを使うとよく出てくるらしいのですが、私はコンビニの
ATMはあまり使わないので、なかなか遭遇しません。

買い物をしていて、たまにお釣りを渡される時に聞かれる、
「二千円札が混ざっても、よろしいですか?」
と、いう店員さんのセリフに、家庭で粗大ゴミ扱いされているお父さんの
哀愁にも似た切なさを覚えます。

とはいえ、私もお財布に二千円札が入っていると、真っ先に使いたくなって
しまうのですが…;;
みなさまは、いかがですか?
まあ、私はただ、自分のお財布にとどめておくより、少しでも早く市場へ
流通させるべきと思っているだけですけどね。
決してお会計で二千円札を出す時に、妙に意識しながら出してしまうのが
嫌だからというわけではないですヨ!(笑)

もちろん、ATMや券売機等の整備面の事情が大きいのでしょうが、海外では
一般的な“2”の単位の通貨が、日本には馴染まないものなのですかねえ。
個人的には、2千円ではなく3千円札だったら使い勝手もいいのになあ、なんて。
CD(アルバム)1枚とか、交通機関などのプリペイドカードの単位も、
千円の次は3千円が多いわけですし。
それに、日本人は“3”という数字が好きだと聞いたことがあります。
私も好きです。
3。
三條ですから(笑)

わたくしといふ現象は 

宮沢賢治万華鏡

宮沢賢治が大好きです。
好きな人は多いと思いますが(笑)
「好きな作家は?」と聞かれると、「夏目漱石、宮沢賢治…」と、必ず
上げる名前です。

賢治の世界は青い光。
残酷なほど清らかな、青い光が彩る世界。
そして、あの静かで重くて暗い空気感が大好きですv
(暗さは日本の美を語る上で、重要な要素だと思います)

小さい頃に『銀河鉄道の夜』をちょろっと読んだきりで、実はちゃんと
賢治作品を読み出したのは、高校生になってからでした。
それまでの間は、名前と有名な作品名を認識していた程度;;
放課後、人けのない高校の図書室で、
「そういや、宮沢賢治ってちゃんと読んだことないや」と、何気なく文庫本を
手に取ったのがきっかけでした。
ところが、『よだかの星』を読んでいきなり号泣。
周りに人がいなくて、本当に良かったですヨ(笑)
それ以来、すっかりどっぷりファンになってしまったのです。
物語も素晴らしいですが、私がなにより好きなのは詩。
あの独自の鋭い感性が生み出す唯一無二の美しい文章、本当に憧れます!!
文章そのものに確固たる世界があって…!
溜め息が出ますね、ホント。
私も頑張れ…たら、いいのですがね(^^;)
絵を描くように文を書きたいです。
心象スケッチ~!


拍手、ありがとうございます!!
三條文庫 |   |   | 記事編集

鏡開き 

今日は鏡開きなので、鏡開いてみました。
実際には、鏡餅型プラスチック容器の底のふたを開けただけなのですが(笑)
中に2個入っていた丸餅をどうやって食べようか迷ったあげく、レトルトの
野菜クッパのスープに入れて、雑煮風にしてみました。
そんな今年の初餅。(味は普通)

そういや今のところ、ちゃんと記になっていますね。
このまま続けられると良いのですが。
とりあえず、三日坊主ではないということで。
明日書き忘れたら、十一日坊主でしょうか。
なんだか語呂が悪い…。
十日坊主の方がスッキリですね。
て、今日書かなければ十日坊主だったのに!
次のスッキリチャンスは、二十日坊主ですな。
―― いや、サボることを考えるのはよしましょう(^^;)

カチカチ 

パン屋の入口に置かれているトレーとトング。
左右の手でそれぞれトレーとトングをつかむと、次の瞬間、なんとなくトングを
カチカチ。
―― みなさんも、こんな経験ありませんか?(笑)
急にこのトングを無駄にカチカチ鳴らす動作のことが気になって、他のお客さんの
手元をコッソリ見ていたら、数分のうちに一人二人、同じことをしていました(笑)
この動きって、一体なんなのでしょう?
パンに対する“つかむ気満々”という意思の表れなのでしょうか?
そりゃ、つかまなければ店に入った意味はありませんが…。
全くもって不思議です。
ちなみに、私は毎回カチカチします。


web拍手のお礼画像に、宅のベッピンさん(植木鉢)達をアップしてみました~。
(5種あります)

プチエコ 

ちょいとばかりエコロジーしようと思い、近頃はスーパーに風呂敷か買い物袋を
持参して、レジ袋を貰わないようにしています。
レジ袋が溜まりすぎて困ることもなくなるし、エコロジーだし、一石二鳥♪と
思っていたのですが、思わぬ問題が発生。
レジ袋が1枚もなくなると、宅のゴミ箱用にしていた袋もなくなってしまうのです。
生ゴミはもちろんのこと、他のゴミでも、さすがにゴミ収集用の大きな袋に
直接入れるわけにもいきません;;
時々、ゴミ箱用の袋としてレジ袋を貰おうかとも思ったのですが、それでは
なんだかエコロジーの意味もなく…。
と、いうわけで仕方なく、ゴミ袋用としてレジ袋と同じ取っ手付きのビニール袋を
買いました。
以前のように溜まりすぎることはないわけですが、今までタダで貰っていた物に
お金を払うのはちょっと癪…。
まあ、何かをなすためには、必ず犠牲は付き物ということですね(^^;)
エコロジーも楽じゃありませんな。

月面サスペンス(略して月サス) 

机に向かって原稿を書きながら、そのまま椅子でウトウトしていたら、
月で餅つきをしていた2匹のうさぎのうち、杵を持ったうさぎが、もう1匹の
うさぎを杵で撲殺するという恐ろしい夢をみてしまいました…;;
しかもバックには、火サスの曲が♪ジャジャジャーーンって(笑)
絵本イラストみたいな可愛らしいうさぎが、血のついた杵を片手に…。
怖ッ!!
おかげで一瞬にして、ハッと目が覚めましたけどね;;
―― しかしまあ、一体どういう夢ですか…(^^;)
まあ、つまり原稿中に寝るなってことですね、ハイ。


拍手、ありがとうございます!!

七草 

今年は七草粥、食べていません…。
去年は、コンビニで売っていたのを買ったのですが。
今年も去年と同じ店に行ってみたものの置いてなく、「人気なかったのかな…」と、
あきらめてスーパーへ。
草と粥を買って混ぜようかと思ったのですが、案の定スーパーで売っているのは
当然1人前の量ではないわけです。
結局、あきらめることにしました。
チェーッ!

ところで、昨日の日記にも書きましたが、私の主食はパンと麺なので、宅には
炊飯器がありません(笑)
外食した時や、時々買うおにぎりでしか米を食べないのです。
別に米が嫌いなわけではないのですが、あまり進んで食べないと言いますか…。
和物は大好きなのですが、和食には興味が乏しく(^^;)
そういや、しょう油もない家です。


拍手、ありがとうございます!!

激★甘党 

初対面の人との会話のなかで、必ず驚かれることがあります。
それは私が激甘党ということです。
1ヶ月の砂糖消費量、1人前1kg。
飲み物にしか使いません。
ちなみにコーヒー1杯につき、レンゲで山盛り1.5杯入れます(笑)
スティック砂糖だと5本か6本。+日々のアメとお菓子の糖分。
クリスマスには毎年、1人でケーキを1ホール食べます。
切らずに、ただフォーク1本握りしめて、ケーキを端から解体していくのが
楽しみなのです♪

よく「糖尿病になるよ」とか「なんで太らないの?」と言わるのですが、
私は砂糖からカロリーを摂って生きています(笑)
ご飯を食べるのを忘れて1日1食ということも多く、食べてもパン1個くらいの
量で平気です。
その上、宗教的・思想的な理由などからではなく、単に好きじゃないので
肉・魚を食べないのです。(とはいえ、ひき肉やハム・ツナなどは少し食べるので、
完璧なベジタリアンにあらず)
野菜は好きですが、においのキツイものは嫌いです。
漬け物類も食べません。
辛いもの・しょっぱいもの・酸っぱいもの・苦いものも嫌いです(笑)
よく「それじゃあ何、食べてるの?」と聞かれるので、「パンと麺」と答えます。
今日の夕食もサンドウィッチと紅茶でした。
なぜか「それが夕飯?」と言われることが多いです(笑)
それでも今のところ、大きな病気にもなっていないので、特に気にしていません。
未来のことは知りません★

以上、激甘党で偏食で小食な三條のダメ食生活デシタ(笑)


拍手、ありがとうございます!!

迎春 

椿’07初花
宅のベランダの椿です。
今年最初の花が咲きました!

宅では、ただでさえ狭いベランダに、足の踏み場もないくらい鉢を置いています。
椿の他に、アジサイ、ヤマアジサイ、牡丹、紅葉、満作、苔玉など。
“ガーデニング”という響きとは程遠いラインナップを着物で育てているので、
友人には「渋いっていうか、もはや老人」と言われます。
舶来物じゃないといかんのかー!(笑)
せめて、大和撫子でお願いします。

もうちょっとベランダが広かったら、花柚子と梅も欲しいなあ。
六畳一間にそんな注文は無理な話ですが(^^;)
いつか庭が欲しいです!
桜の木を植えたいのです。


拍手、ありがとうございます!!
お花語り |   |   | 記事編集

着物ノススメ 

お正月三箇日も明けてしまいましたね~。

着物で旅行に行ったり、出かけたりすることの多い私は、もちろん初詣も着物。
この時期は着物姿の人が多く、道を歩いていても、珍しそうな顔をされないのが
良いですね。
こういう風景が、もっと日常的になればいいのになあ。

冬場はよく「着物って寒くないの?」と、言われますが、寒くありません。
むしろ、洋服よりあったかいと思います。
構造的には長い巻きスカートと同じですが、巻きスカートなら布が1枚、
もしくは2枚。
それでも、着物なら前の部分は4枚です。
何より、帯があったかいのです。
お腹から腰までグルッと包んでいますから、寒い時に腰にカイロを貼るのと
同じ効果なわけです。
着慣れない方には、帯は苦しいだけの物のように思われるかもしれませんが、
自分で着れば、苦しいほど締めることもありません。

「首や襟元が寒そう」とも言われますが、私は寒がりなので、あまり襟を
抜きません(笑)
外へ出る時は、ストールやマフラーを巻いて、完全防備です。
洋服でも和服でも、TPOさえ考えれば、あとは個人の自由だと思います。
私がカジュアルでしか、着物を着ないというのもありますが。
出かける時にタンスを開けて、「じゃあ、今日は着物で!」というような、
お気楽な着物ライフです。
楽しいですよv
着物らいふ |   |   | 記事編集

派閥無所属 

久々に実家へ行ってみたら、猫を飼っていました。
悔しい…。
私がいる間は、禁止にしていたクセに!

ずっと犬派だったのですが、近頃は猫もいいなと思ったり。
着物で黒猫と生活でもしたいものですな~。
夢二っぽい感じで(笑)
いつかどっちも飼えればいいなあ。
子どもの頃から借家住まい、現在も一人暮らし借家住まいの私にとって、
犬や猫を飼うのは長年の夢なのです。
とはいえ実際に飼ったら、やれ温泉だ、やれ紅葉狩りだと気軽に旅行に行けなく
なるわけで、それはちょっと大変な気もしますが…;;
まあ、どのみち今は夢のまた夢~…。

初詣 

昨日、浅草寺にお参りしてきました。
明治神宮と迷ったのですが、浅草へ。
日中は混んでいるだろうからと5時頃に行ったのですが、仲見世通は
人でギッシリでした。
少し動いては止まる人混みで並ぶこと1時間;;
押し合い圧し合いのなか、なんとかお賽銭は投げられましたが、
とても祈っていられるような状況ではなく、人波に流されながら
願い事を思い浮かべてみたり(^^;)
苦労した分、良いことがあるといいなあ。
ライトアップされていた五重塔が、夜空を灯す灯籠のように浮かび上がっていて
キレイでした。

『楽/園』 

amazonへ(別窓)
『楽/園』
2006年12月25日発売
X文庫ホワイトハート (講談社)
イラスト:岩崎美奈子

 右手に福、左手に禍を――
   悲劇を切り裂く少女が大暴れ!!
-- 続きを読む --
お仕事 |   |   | 記事編集