FC2ブログ
06/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./08

つれづれなるままに 

よしなし事①
アニメーション制作会社にパクられるほどのアイディアを
思い付く人物なら、とっくにデビューしているよ…と、
40代間際のヘッポコ小説家は思うのです。
合掌。

よしなし事②
一部が隠れた状態の文字を目にして、思ったのは
“女王”って何?
すぐに隠されていた部分が露わになり、
判明した正体は“安全”でした。
何?っていうか自分こそ何?
どういう間違い方?
大体“女王に使う方法”って意味不明過ぎ…。

よしなし事③
都立高校在学中、
“都民の日”である10月1日は休みだったので、
それは認識していたのです
が。
“都民の日”とは別に“東京の日”(7月17日)も
あるのですね。
東京で暮らして四半世紀以上経過しておりますが、
初めて知りました。
“江戸が東京府に改称された日”とか何とか。

よしなし事④
江戸関係。
デビュー作の拙著でバーのマスターのオッサンが
「お前さん」と言うセリフがあるのですが、
今になって思えば…
それって江戸っ子☆
舞台が近代ヨーロッパ風の異世界ファンタジーなのに、
登場人物が江戸っ子☆
―― やはり作者が日本人だと、どこか日本風に
なってしまうのですかねえ?


次回も月曜日の更新だと思います。
木曜日ではなく。


拍手ありがとうございます!

夏の風物詩 

10日に、ほおずき市(浅草)へ行きましたよ。
一度は行ってみたいと思っていた…だけだったところ、
母の友人に誘われまして。
当日までに“浴衣で歩こう”と提案され、
私は浴衣ではなく夏用の着物(白)を
準備していたのです
が。
まるでタイミングを見計らったように、前日から生理に…。
―― という訳で、今回は泣く泣く諦める結果となりました。
梅雨空が続く中、天気予報でも雨の降る確率が低いという
絶好の外出日和に、体調は絶不調といふ…。
まあ、浅草歩き自体は気分転換にもなって、精神的には
良かったですけどね!
“むぎとろ”等、様々な店にも行けましたし。
全員、東京23区住まいだというのに観光客よろしく
人力車にも乗って(笑)


拍手ありがとうございます!

ツーユー(梅雨) 

小説の講師の仕事に役立つかな?と思い、
先日いわゆる“文章の書き方”のハウツー本を
買ってみまして。
読んでみたところ…
私が、今まで意識せずにしていたことが
多く書かれておりました。
―― 自分は無意識のうちに、作家への
行動を取っていたようです。はい。
とはいえ、
゚・*:.。.:*・゜ d(*´∀`)b 現実は、こんなものですよ .:*・゜゚・*:.
はい。

そういえば。
私は毎日、寝る前に脇や足をウエットティッシュで
拭いているのです。
そして翌朝は、その乾いたウエットティッシュで再び脇を。
すると湿度の低い日はカラカラなのに、湿度の高い日は
少し湿っていて。
クイックルワイパー的な物で床を拭く以外に、湿度を感じる
瞬間です。


普段より多くの拍手、ありがとうございます!
これはボーダー率が高い事象への賛同なのか、
誕生日祝いなのか、その両方なのか…
ちょっと不明ですね。

横縞な関係 

四十代くらいの女性って、やたらとボーダーの服を着ている
確率が高いですよね。
あれ、なぜなのでしょうか?
私も無印良品をこよなく愛するムジラーなので、いくつか
持ってはおります
が。
そこまで、多用はしておりませんよ。
定番のアイテムとはいえ、
その年頃に差し掛かると、とにかくボーダーが好きに
なるのか、とりあえずボーダーさえ着ておけば、
オシャレ面で大丈夫だと思うからなのか…。
(―― 後者っぽいですが)
無印良品で、日本は海外に比べて衣料品の売り上げが
高いらしいって、もしやそういう理由なのですかね?


追伸
先週は誕生日だったので母&妹からのプレゼント及び、
お祝いランチをゴチになりました。
38歳…また一歩、30代の終焉&40代突入が近付いてきましたよ。


拍手ありがとうございます!
誕生日当日にも感謝です♪

bloodバラード 

外食した際、サラダにヒジキ煮が入っていて
思い出したのですが。
入院する前。
手術の予定が分かっていた為、自身の血液を
予め採っておく事(自己血)になりまして。
私はチビだとしても、当時の体重は30㎏台という
献血も出来ないレベル。
…で、予定より採血の量を減らされまして。
その採血後に、血液に良い食べ物として“ヒジキが一番”
だという内容の紙を渡されたのです。
昔からホウレンソウだと信じていたのに…という、思い出。
(勿論、ホウレンソウも良い物として紹介されておりましたよ!)

ちなみに。
手術当日には、主治医の先生が私の血液を
魔法瓶で運んでおりました。
ピクニックにでも出掛けそうな勢いで。
―― 水筒の中身は血ですけどね。


拍手ありがとうございます!